借金問題・過払い請求

任意整理・過払い金請求の事例

任意整理・過払い金請求の事例

  1. 過払い金で他の債務を返済

    Gさんは、50代の男性です。5年程前から飲食代等の遊興費として消費者金融を利用するようになりました。
    Gさんは、借入れから5年間、ほとんど後れることもなく返済していました。しかし、Gさんの勤める会社は、不況の影響を受け、Gさんは、リストラされてしまいました。
      Gさんは、再就職がうまくいかず、収入がなくなってしまったため、消費者金融での借入れ、返済を繰り返す自転車操業陥いってしまい、ご相談にこられました。
    ご相談に来られた際の借金は、3社で150万円程でしたが、月々の返済額は、利息だけで6万円程でした。
    しかし、利息制限法に基づいて引きなおし計算をしたところ、1社については過払い金が15万円、他の2社はそれぞれ12万円と3万円の残債務であったため、任意での交渉を進め、15万円の過払い金を全額回収し、12万円の債務が残った消費者金融とは10万円を一括で支払うことで和解、3万円の債務が残った消費者金融とは3万円一括で支払うことで和解することができ、過払い金で他の債務を完済することができました。

  2. 既に完済した取引についての過払い金請求

    Hさんは、70歳の男性です。
    昭和60年頃から消費者金融を利用していました。一旦完済してはまた借りるということを繰り返していましたが、平成13年にすべての取引について完済し、それ以降は借りることはありませんでした。
    そんな中テレビで過払い金のニュースをご覧になられ、ご相談に来られました。15年以上ものお取引があり、既に完済されていたこともあり、5社合計で500万円程の過払い金を回収することができました。

  3. 任意整理で将来の利息をカット、36回の分割払いで和解

    Iさんは、25歳の男性です。22歳で就職してから、ギャンブルにはまってしまい、消費者金融から借入れを重ねてしまい多重債務に陥ってしまいました。
    Iさんの収入は月額22万円、借金の総額は280万円ほどで、毎月9万円の返済をしていました。
    しかし、高金利のため借金はまったく減りませんでした。このままでは、一生返し続けることになると考えたIさんは、ご相談に来られました。
      利息制限法に基づき引きなおし計算をしたところ、借金は200万円まで減少しました。次に、各消費者金融と将来の利息をカットする交渉をし、6万円弱を3年間返済することで和解が成立しました。


ご相談予約電話番号

ご相談は、夜間、土日祝も承っております。
お気軽にご予約ください。

0120-509-629

電話でのご予約受付時間平日 9:00〜18:00

ご相談・お問い合せフォーム

※上記受付時間外はメールお問い合わせフォームにてご予約ください。
※ご相談内容によってはお受けできない場合もございます。


※任意整理事件、過払い請求事件は多種多様であるため、上記はあくまでも例であり、必ずしも同じ結果になるとは限らないことをご了承ください。